犬や猫だけではない!?小動物や爬虫類などのエキゾチックなペット火葬の知識を解説

ペット火葬は愛犬や愛ネコだけではなくて、エキゾチックアニマルと呼ばれる動物も含まれます。
可愛らしい表情をするのは、わんちゃんやネコちゃんだけではないというのが、ペットを趣味にされている方達のようですね。
意外にも、亀、ハムスター、うさぎなどの小動物の火葬や相談窓口もあります。
お別れが悲しいので、飼うのをためらいがちな方も多いかもしれませんが、飼っている方で愛するペットとの別れ方に悩まれている方は、相談出来るところに相談しましょう。

犬や猫だけではない!?小動物や爬虫類などのエキゾチックなペット火葬の知識を解説

ペット火葬は、普通、愛犬や愛ネコの印象が強いのがリアルな印象ですね。
勿論、ネコちゃんわんちゃんのペット火葬も、可愛らしい愛するペットとのお別れなので、大切なのですが、エキゾチックアニマルと呼ばれる動物をペットにされている方も、可愛らしく愛らしいペットとのお別れの時に悩まれることでしょう。
実は、24時間営業でコンビニエンスストアなのかと一瞬驚くのですが、フリーダイヤルで問い合わせられるところがあるので、ネットで調べるとペットとのお別れの時も助かることでしょう。

小動物や爬虫類などのペット火葬に必要な時間を種類ごとに解説

ペットといっても、各家庭で飼育をされている個体は大きく異なります。
基本的には日本だとイヌやネコが大半を占めますが、なかにはイグアナやヘビ・小鳥にハムスターを飼われているところもあるでしょう。
どのような動物であっても、大切な家族の一員には変わりはありません。
天に召された場合、多くの方がペット火葬を希望なされます。
そこでここでは、これからペット火葬を利用したいという方に向けたレクチャーをしていきましょう。
ペット火葬の場合、動物の種類によって火葬時間が大きく異なります。
まずイヌ・ネコのように大きな動物だと、約1時間を有します。
小鳥だと20分、イグアナやヘビの場合は45分です。
この火葬に掛かるタイムによって、必要な費用も変動をするのがポイントです。
犬であれば約5万円前後、爬虫類などの小型であれば5000円となります。
また色んなセレモニー会社があり、価格設定も異なるので、利用時は問い合わせをしましょう。

小動物もペット火葬を工夫することで骨は全て残る

ハムスターやハリネズミ、インコなど小動物をペットとして飼っているご家庭の多くは、ペットが亡くなりペット火葬を依頼するとお骨がきちんと残るのか不安に感じている人が多いです。
ペット火葬を行っている専門業者の中には、小動物のお骨をしっかり残すために様々な工夫を行っています。
一般的に行われているのが、スキレットと呼ばれる専用の器に遺体を寝かせてからそのまま火葬を行う方法です。
ハムスターといった小さな動物のお骨は小さく細いため、通常は熱風で飛んでいってしまいます。
そこでスキレット内部に石灰を敷いておくことで、細いお骨を受け止めることができるので体全体を残すことが可能です。
火葬後はハムスターなど小さな生き物向けの2寸サイズの骨壷に、ピンセットとスプーンを使用して丁寧にすくって収める流れとなります。
ペット火葬を依頼する際にお骨をしっかり残したい、持ち帰りたいと考えている飼い主さんは必ず小さな動物向けの火葬プランが用意されている専門業者を探すようにしましょう。

爬虫類のペット火葬では専用トレイで丁寧に火葬することが大切

家族の一員として大切な時を一緒に過ごしてきたペット達をお見送りするのは悲しいものです。
最期の最期までしっかりと見届けてあげるのが飼い主の使命では無いでしょうか。
最近では、ペットとして飼う生き物の種類も豊富になり、ペット火葬場も様々な種類に対応出来る様になっています。
一昔前まで飼われていた物の大半は、犬猫でした。
それが今、人気があるのは小動物です。
体が小さな生き物達は哺乳類だけではなく、爬虫類を飼う人も増えてきました。
ペット火葬に爬虫類も受け付けてくれます。
体が大きい子だとそのまま火葬も可能ですが、小さいと灰が散ってしまう為、専用トレイに乗せて燃やします。
呼吸が止まってからの腐敗が哺乳類以上に早いので、迅速に処置してあげて下さい。
火葬場までの安置の方法に保冷剤にタオルを敷いて寝かせてあげます。
これは、凍らせたペットボトルでも構いません。
特に内蔵がある腹部を重点的に冷やして下さい。
的確に安置してあげるとペットも喜ぶでしょう。

小動物や爬虫類以外にも鳥や魚などのペット火葬を依頼する飼い主さんも

ペット火葬は犬や猫を対象としたものと考えている人が多いようです。
しかし栗鼠や兎、蛇なども火葬しているところがあります。
ペット火葬も人間と同じように、火葬前に体重を量ります。
それによって火葬する時間を決めているため、ペットの体に合わせることが可能なのです。
葬儀をするほど愛を注ぐ動物といったら、犬や猫と思っている人も多いです。
ところが現代は人の好みが多様化しています。
一般的なペットではなく、爬虫類や鳥、魚などに愛着を感じる飼い主が増えているようです。
ただし鳥や魚のサイズに注意する必要があります。
あまりにも小さすぎると火葬場のスタッフも、うまくできるか困惑します。
事前に幅広くペット火葬をしているところを探し、問い合わせておくのが賢明です。
火葬するときには花や食べ物を供えることが多いです。
火葬の時間が短くなるとそれにも制限が出てくると考えられます。
供え物についてもスタッフに質問しておくと当日、困らずに済みます。

ペット火葬に関する情報サイト
エキゾチックアニマルのペット火葬

ペット火葬は愛犬や愛ネコだけではなくて、エキゾチックアニマルと呼ばれる動物も含まれます。 可愛らしい表情をするのは、わんちゃんやネコちゃんだけではないというのが、ペットを趣味にされている方達のようですね。意外にも、亀、ハムスター、うさぎなどの小動物の火葬や相談窓口もあります。 お別れが悲しいので、飼うのをためらいがちな方も多いかもしれませんが、飼っている方で愛するペットとの別れ方に悩まれている方は、相談出来るところに相談しましょう。

Search